事故で両足を失ったが初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)で人生を救われた!

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)というビジネスがすごい!

ネットビジネスは経験やスキル、知識が必要だということはみなさんご存知でしょう。
ネットビジネスとは通常パソコンやスマホを用いて行いインターネットを使ってお金を稼ぐという形式をとります。

そのため初心者には難しい、大変というイメージがあり実際それは事実です。
しかし、私も行っている初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)というネットビジネスならネットを全く使ったことのない初心者にも行うことができます。

しかも安定的に収入を得ることができ継続してお金を稼げます。そんな話あるわけないと思った方もいるでしょうがこれは事実です。

松坂さんという方の開発した初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)はネットビジネスで収入を得たいと考えている方や初心者だからできないと尻込みしている人、ネットビジネスで収入を望む方を救済するために作られました。

では一体松阪さんとは一体どんな人なのか?なぜ初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を開発したのか?
他のネットビジネスとの違いやオススメポイントやどんなビジネスでメリットや魅力とはどのようなものか?

現在の収入の取り方の変化とネット事情や私の体験談などを紹介していきます。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の生みの親松阪さんとはどんな人?

まずはじめに初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を開発した松阪さんとはどんな方なのか少しお話しします。
松阪さんとは元日本一のノウハウコレクターという肩書きを持ちネットビジネス界で生きる方で知らない人はいないほどの有名人です。

各地で講演や講習セミナーをし全国を飛び回っていたネットビジネス界のレジェンドです。
学生時代に当時あまり馴染みのなかったネットビジネスに関心を持ち独学でノウハウを研究、収集していました。当時時はネットビジネスというものがあまり注目されていませんでした。

というのもネットが急速に発達したのはここ20年ほどでそれまでは副業や内職というものが主流でした。
副業や内職というとパートやアルバイトとほとんど変わらず肉体労働の仕事が多かったです。例えば工事現場での荷物の運搬や土木作業、深夜の警備員や交通整理などが一般的でした。

他にも小物作りや折り込み、色塗りなのがありました。
肉体労働は稼げるものの本業を阻害する可能性を秘めていましたし、無理な労働によって体を壊してしまうという例が多発していました。

一方の内職も1個あたりの単価が低いこともあり稼げる仕事ではないためお小遣い稼ぎ程度の収入しか得ることができませんでした。
その後パソコンを使ったタイピングや打ち込みなどのネットを使ったネット副業が登場しましたが今のようなネットビジネスの形になるまではもう少し時間がかかりました。

自宅で仕事ができ肉体的な負担も減ったため一部の主婦たちが家計の足しにと始めましたがそれでも収入は今よりも低くとても主軸としてできるものではありませんでした。
松阪さんがネットジネスやそのノウハウに興味を持ったのは学生時代のアメリカ留学がきっかけでした。

英語を勉強するために行ったアメリカではネットビジネスがすでに発達し一般的なものになっていました。それを知った松阪さんショックと衝撃を受けました。

このネットビジネスのシステムとノウハウが日本でも確立できれば働き方は今とは全く異なるものになるし、万が一のことがあっても自分で稼ぐ力を持っていれば何が起こっても大丈夫ではないか!

日本ではその時代まだまだ副業という認識は薄く今よりも企業は副業を規制する動きがありました。
アメリカは実質副業を禁止していません。お国柄国民の自由を尊重するという文化もあってか副業やネットビジネスに関する認識は日本とは異なっています。

アメリカではネットビジネスや副業はリスクヘッジのための有効な手段として捉えられ賢い選択だと認識をされています。
日本も見習ってほしいものです。留学を終えた松阪さんは早速ネットビジネスに関する情報やノウハウを集め始めました。

大学を卒業後はIT会社で働きそこでもノウハウと情報を収集し独自のシステムを構築した松阪さんは20代後半にして年収2000万を稼ぐ実業家にまで登りつめました。
その頃には稼ぎすぎて税金がとてつもない金額になったため個人で会社を立ち上げました。

30歳を迎えた頃には完全に会社から独立しその後もシステムの改良とノウハウの収集を続け今の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の原型となる形を確立しました。
初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の原型は今とは異なりネットビジネス中級者から上級者向けのスタイルで現在とは大きく異なり内容も専門的なものでした。

高収入を得ることはできますがお世辞にも現在の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)とは異なるものでした。
その後さらに改良を重ねネットビジネスを必要とするビジネス初心者のために現在の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を作り上げ今に至ります。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)が生まれた理由

先ほども言いましたが昔の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)と今の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)では明らかに方法や手順が異なりました。
それだけでも十分稼ぐことができたのになぜ初心者でも出来る今の形にしたのか?以前松阪さんにお会いし直接聞いたのですが、それには松坂さんの苦い経験がありました。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の原型を完成させ実業家として成功を収めていた松阪さんは当時自分のビジネスに絶対の自信を持ち多くの人をネットビジネス成功者を排出しおごっていたそうです。
またセミナーや講習会で全国を飛び回っていたため忙しい毎日を送っていました。もっと稼ぎたい!もっと収入を上げるためにはどうしたらいいか考えていました。

そういったこともありお金に対して貪欲な時期があったそうです。自分さえよければいい。稼げない人はその人の能力が低いだけだという考えすら持つようになっていました。
そんなある時偶然大学時代の友人と再会し話が盛り上がった2人は一緒に飲みに行くことになりました。

その人は今では松阪さんの右腕として初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)に関する運営や経理などをするパートナーとなっています。
松阪さんの友人はその頃別の会社に勤めていて会社の業績悪化に伴いボーナスや給料が上がらないと困っていました。

それを聞いた松阪さんは自分が行っていた初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の原型であるネットビジネスを紹介しました。
強い信頼関係にあった松阪さんの友人はネットビジネス初心者でしたが始めてみることにしたそうです。

ところが昔の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は専門的な言葉やスキル技術を必要と認めとても初心者にはついていけなかったそうです。

それもそのはずです。その友人の方は会社では営業を担当していましたし、パソコンのスキルも会社で使う程度のワードやエクセル、パワーポイントに関する知識しかありませんでしたから。

松阪さんもセミナーや講演会で忙しかったためアドバイスや指導がしっかりとできずうまくいかない状態が続きました。
いくらやっても稼ぐことはできず終いには赤字になってしまったそうです。そこで2人は衝突し一時期疎遠の関係になってしまったそうです。

その時初めて目が覚めたとのちに松阪さんは語っていました。自分は大切な友人一人さえ救うことができないのか。
ネットビジネスを知った頃に描いていた誰にでも出来るという理想はいつの間にかなくなってしまっていた。

そこで松阪さんは誰にでも出来るシステムの開発と初心者でも出来る仕組みについて一から勉強しました。
そして2年の月日が流れた頃現在の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の形が完成し、友人にもう一度だけ自分を信じてほしいと説得しその熱意が伝わったのかまた始めてみることにしたそうです。

すると3種間もたたず40万円円もの収入を得ることができました。そこでお互いに話し合い疎遠だった関係も解消され現在に関係になったそうです。
松阪さんのこの経験が今の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を作り上げました。のちに松阪さんは以前の私は傲慢で強欲だった。自分のことしか考えられない愚かな人間だった。

それが友人との件をきっかけに大切なことに気がついた。ネットビジネスは本来誰にでもチャンスのあるものでなくてはならない。
また私の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)はネットを使った収入を必要としている人や困っている人を助けるためのものである。

友人のようにネットビジネスの知識や経験が無い方でもしっかりと収入を得る仕組みを作りネットビジネス初心者を救済したいと強く思っているとおっしゃっていました。
私はとても感動しその頃すでに初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を行っていましたがより一層力が入りました。

今回この記事を書いたのも松阪さんの教えの一つです。自分も松阪さんのように情報やノウハウを提供し初心者を救済できればと思います。

従来のネットビジネスと初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の違い

さて初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は従来のネットビジネスとは全く異なるいわば革新的なものです。
ただ具体的にはどんなところが優れているのかここで少しお話しします。ネットビジネスといえばどんな仕事を想像しますか?

ご存知の方も多いかと思いますがクラウドソーシング、FX、バイナリーオプション、アフィリエイトやせどり、チャットレディが有名です。
はじめにクラウドソーシングからです。クラウドソーシングはパソコンがあればすぐに始めることができます。

おすすめレベルは5段階中3です。
ネットにジネス初心者には比較的始めやすいビジネスです。

というのも登録はサイトを通して行いそこで仕事の内容について話し合い、時間や納期を交渉し納期までに納品するだけで収入を得ることができます。
その手軽さと時間や場所に縛られない比較的自由なワークスタイルが忙しい主婦層に人気です。

主婦の方なら子供がまだ小さくて目を離せなかったり、長時間パートやアルバイトで家を開けることは難しいでしょう。
しかも、雇用側としては安定してシフトに入ることができない人を入れるのは難しいため雇ってくれるところは少ないでしょう。

その点クラウドソーシングならネット環境とパソコンさえあれば時間を気にすることなくどこでも仕事ができます。
例えば日本以外の国からでも仕事ができます。海外に住んでいる主婦の場合現地での収入や所得が日本よりも低いこともあります。

そうなれば賃金の高い日本で受注を受け仕事をこなせば高い収入を得ることも可能です。しかし、そういったパターンは非常にまれでほとんどの方は当てはまらないでしょう。
クラウドソーシングは初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)とは違い作業時間に対しての収入が低いです。仕事にもよりますが多くはテキストを書くという仕事が大多数です。

ある程度の収入を得るためにはブラインドタッチができるというのが最低条件ですし、1単価が安いのもこのクラウドソーシングの特徴です。
テキスト量や内容にもよりますが1記事400字で200円あたりが相場でしょう。

そうなってくるとたくさんの記事を書かなくてはいけませんし、仕事が毎回あるわけではありません。またクオリティーも重要視されます。
当然依頼者の要望に応えることができなければ納品した記事を突き返されることもあり、納期までに納品が完了できなければ収入は得られません。

一方の初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)なら個人差はありますがおよそ、1日たった15分で作業が済んでしまいますし継続的な収入を得ることができます。
初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)のくわしい仕組み等については後半でまたお話ししますが、私が体感していますが明らかにどのネットビジネスと比べても初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は安定しています。

この初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の大きな特徴とメリットは簡易性と継続した収入をえることができるという点です。
クラウドソーシングはタイピングができないと話になりませんし、作業量もそれなりにあります。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)は松阪さんが開発した初心者や未経験者をターゲットにした誰でもできるネットビジネスです。
普通こうはいきません。

ネットで収入を得るためのノウハウがしっかりと確立されており、年齢や性別に関係なく稼げる仕事となれば初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)以外に私は知りません。
もっといいビジネスがあるなら教えて欲しいくらいです。笑

現在私が知る中で初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)以上のビジネスは存在しないと思います。私が伝えたいのはそれほどまでに洗練されたビジネスモデルだということです。
ここで初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)がどのような仕組みか少しだけ紹介します。

この記事の中で少しづつ紹介していますが簡単に言うとお金を稼ぐためのシステムを作ることで何もしなくても継続的な収入を得ることができるという仕組みです。
ただ初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)はあまりにも簡単にできてしまうため情報が漏れた場合誰でもお金儲けできてしまいます。

そうなると松坂さんにもご迷惑をおかけすることにもなりかねないのでここではこの程度の簡単な説明のみにします。興味がある方は是非やってみてください。

話がそれましたがクラウドソーシング、FX、バイナリーオプション、アフィリエイトやせどり、チャットレディなど従来のネットビジネスは結局やり続けなくてはお金を稼ぎ続けることはできません。

そのためいつまでもその仕事を続けなくてはなりません。普通そうです。これがお金を稼ぐ形だと思っている人が多いですが実は違います。世の中には不労所得というものがあります。
例えば本やCDなどの印税、著作権や使用料等の直接労働をしなくてもお金を稼ぐ方法は存在します。他にも投資信託や株式投資など様々です。

資本家や投資家と呼ばれる人たちはこうして直接労働をしなくても収入を得ているのです。しかし、これは誰でもできるというわけではありません。
投資などは資本金や投資金というものが必要です。それは小さな金額ではなく多額のお金を必要とします。だからお金持ちはずっとお金持ちで所得の低い人はずっと低いのです。

この昔からずっと変わりませんでした。お金持ちになるには借金をしてそれを返済しつつ資本や財産を増やしていくしかなかったのです。
私たち一般人には縁の薄い話です。会社を立ち上げ雇用すれば多くのリスクを背負います。

従業員の生活や自分が食べていくために売り上げを出さなくてはいけませんし、借金も返済しなくてはなりません。
雇うより雇われる方がずっと楽です。そこまでのリスクを負わずしても生活ができたのが昔でした。しかし今はそれも過去の話です。

経済的に不安定な状況が続き大手企業の生涯雇用制度もヘットハンティングや転職の増加によって制度自体が崩壊しています。
また働き方による雇用側の意識が変わったことやネットが発達したことによるワークスタイルの変化によって社会は目まぐるしく変貌しました。

ただ、悪いことばかりではありません。ネットが発達し働き方やお金の稼ぎ方が変化したことによって初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)のようなネットビジネスも出てきました。
私もその変化と初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)に助けられた一人です。ここからは私がどうして初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を始めたのかその出会いについての体験談をお話しします。

初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を始めたきっかけと私の体験談

私は高卒で就職し入社した会社では営業をやっていました。もともと運動部出身で体力だけには自信があった私は外回りでガンガン営業をしていました。
移動は車を使い都内だけではなく県外へも営業に走り回るまさに元気だけが売りの営業マンでした。

入社して3年ほどが経ち社内の営業成績も上位にいたころ営業先の帰りに交通事故に巻き込まれ両足を失いました。
正直ショックで自殺すら考えるほど精神的に追い込まれていました。

今まで自由に動いていて走り回っていた自分の足が突然無くなったんですから生きていても仕方ないというほどの絶望と不安に襲われました。
運良く命は助かりましたがもう自分の人生は終わったと思いました。リハビリすら何の意味があるのかと感じていました。

仕事も前のようにはできません。もうあの頃の自分に戻れないと思うと病室で涙を流す日もありました。
想像できますか?足をいくら強く殴っても何も感じないという状態を。

自暴自棄になっていた私を慰めてくれたのはかつて高校で一緒に部活をやっていた友人たちでした。
何度も病室を訪ねてくれる友人たちに私は励まされ少しずつ昔のような明るさを取り戻していくことができました。

しかし、これらの人生と仕事に対する不安は拭いさることができませんでした。そんな私を見かねた友人がネットでお金を稼ぐことができることを教えてくれました。
なんでも初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)というネットビジネスで収入を得ることができると教えてくれました。

それが私と初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)そして恩師松阪さんとの出会いでした。
初めはそんなうまい話なんてない!第一ネットビジネスなんてやったこともないのに稼げるわけないとやさぐれていました。

その数日後友人が松阪さんを病室に連れてきました。
パッと見は普通の中年男性でした。年収5000万以上も稼いでいるすごい人だと紹介されましたが、失礼な話「そんな人には見えないな〜。」というのが最初の印象でした。

今思えばだいぶ失礼なヤツです。笑
とりあえず話だけでも聞こうと聞いてみるとそのビジネスモデルの凄さに驚きました。そんな手があるのか!この人すごいな!と思ってから私はすぐに教わることにしました。

リハビリも一通り終えていたので自宅に戻り初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を始めました。
すると2週間を過ぎたあたりで20万もの収入を得ました。正直この時はびっくりしました。

「俺、ネットビジネスなんてやったことないのに稼げちゃったよ。笑」
そこからは仕事を探しながら初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)をコツコツ続け新しい職場を見つけるまでの収入は初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)で稼いだお金でまかなえました。

今では車椅子で会社に出勤し仕事をしながら初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)の収入も得ています。
あの時松阪さんにお会いしていなければ今の自分はありません。本当に感謝しています。

最後に

私のように人生何があるかわかりません。私は運良く松阪さんと出会い初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を始めることができたので充実した生活を送れています。
みなさんの中にも収入に困っている方やネットビジネスで収入を得たいけど初心者だし、わからないことだらけという人がいましたら初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)をお勧めします。

下記に初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)のサイトがあるのでご覧になってみてください!↓↓↓
→初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)新しいタイプのビジネス

私は松阪さんの初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)で救ってもらいました。今後も初心者救済ビジネス(松阪式救済ビジネス)を続けるともに私も何か人の役に立つことをしていきたいと思います。
この記事が少しでも読んでくれた方の力になれたらと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ