サラリーマンの副業で得た報酬に応じた確定申告について

サラリーマンの副業で得た報酬に関して、源泉徴収をされていないなどの条件で、所得が年間で20万円を超える場合は必ず税務署に行って確定申告を行う義務があります。アルバイトや自宅での仕事などでお金を得ている場合、どんな型式の仕事でも一定の年収を超えたら確定申告を行います。従って、サラリーマンの副業を行って、前年の1年間の収入を確認します。20万を超えていた場合は2月から3月に掛けて、給料の証明書や事業所などから郵送された源泉徴収票などを持って、税務署に正しく申告する事が重要です。せどりやサイトなどの記事作成の仕事は、基本的に源泉徴収票が存在しない事が多いので、得ている報酬をメモしてから税務署で申告する事が原則です。
収入を申告する場合は、所得と別枠として記入する事が原則です。サラリーマンの副業として仕事で得た報酬は、備品費などの経費が掛かっている事もあります。1年間の実質的な報酬は、収入から経費を差し引いた額です。例えば、税の対象となっている収入を得た場合、仕事に掛かった経費が大きければ税の対象とならない場合があるからです。税金は公平的な意味合いがありますので、控除が大きいと住民税などを軽減されたり、所得の額によっては税金を納めなくて良い場合もあります。
サラリーマンの副業に関して、仕事を行う期間や報酬の額などは個人差があります。単発的な仕事をしていて、月に数千円しか稼げない場合もあれば、せどりや記事作成などの仕事が上手く行って月に10万円以上も稼いでいる人も多くなっています。
記事作成などの仕事は、基本的に運営のサイトが源泉徴収を行わない事が多いです。数十万人単位という多くの人が参加して収入を得ている事が現状ですので、源泉徴収票などを発行する場合は手間と予算が掛かります。税務署では数十万人を超える人の収入を把握する時間が無いが、どんな型式でも報酬を得ている時は、きちんと税務署に行って、追徴の税金を支払う事の無いように確定申告をします。

誰でも簡単に自宅で稼ぐ方法まとめました!

本当はココに全てを書きたいのですが、そうすると長くなっちゃうので別記事に書く事にしました。主婦でもサラリーマンでも学生でも幅広く自宅でネットを使って稼げる副業があります!

自宅で稼げる副業NO2

ネット副業の中でもダントツの報酬を誇るのがコレ!未経験でも続けていればかなりの金額を稼ぐ事ができます♪

自宅で稼げる副業NO3

あまり時間をかけずにネット副業で稼ぎたい!!と思っている人にピッタリなのがこの副業。今日からでも稼ぐ事ができるので、空いている時間を効率的に使えばかなりの金額を稼ぐ事が可能。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ